• 病院案内
  • 診療のご案内
  • 脳・脊髄の治療と脳ドック
  • 地域医療連携室
  • 採用情報

脳・脊髄の治療と脳ドック 脳・脊髄の治療と脳ドック

脳血管内治療

脳血管内治療とは、細いカテーテルを使って、血管内部から脳の病気を治す新しい分野です。今までの開頭外科手術では治療が難しかった様々な病気が、この「切らずに治す」新しい治療法によって治療できるようになってきました。具体的には、以下のような病気に対して治療を行っています。

この治療法の利点は
  1. 開頭外科手術に比べて、脳への侵襲が極端に少ないこと
  2. 入院期間が短いこと

などが挙げられます。

当院では、24時間救急体制で、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の治療、 脳内出血の原因となる脳動静脈奇形や硬膜動静脈奇形の治療、脳梗塞の原因となる頸動脈狭窄症や頭蓋内脳動脈狭窄症の治療、脳腫瘍の治療を中心に血管内治療を行っています。

術例

  1. 頸動脈狭窄症に対するステント留置術


    術 前


    術 後

  2. 急性期脳梗塞に対する血行再建術


    左中大脳動脈閉塞による
    脳梗塞で来院


    Penumbra(ペナンブラ)吸引システムで
    血栓を回収


    閉塞血管の完全再開通

  3. くも膜下出血(破裂動脈瘤)、未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術


    術前


    術後

  4. 硬膜動静脈瘻に対する塞栓術
  5. 脳腫瘍に対する塞栓術
術例

当院では脳血管内治療用DSA装置(Siemens AXIOM Artis)を導入しています。このDSA装置は脳血管内治療対応 FD搭載バイプレーンシステムです。 大視野FDとコンパクトFDをひとつのシステムに搭載しています。