• 病院案内
  • 診療のご案内
  • 脳・脊髄の治療と脳ドック
  • 地域医療連携室
  • 採用情報

脳・脊髄の治療と脳ドック 脳・脊髄の治療と脳ドック

脳梗塞の治療

脳梗塞は、病型に応じて適切な治療を行うことが重要ですが、最も大切なことは、「発症すれば一刻も早く治療を開始すること」です。いったん脳の血管が詰まると、時間とともに脳の組織は梗塞に陥っていき、ついには元に戻らない状態となってしまいます。ですから、脳が梗塞に陥ってしまう前に、詰まっている血管をできるだけ早く再開通させ、脳の血流を取り戻すことができれば、脳梗塞の範囲は最小限で済み、症状も回復する可能性があります。

しかしひとたび脳梗塞に陥ってしまえば、その後に血流を取り戻しても「時すでに遅し」であり、梗塞に陥った脳組織が元に戻ることはなく、大きな後遺症が残ってしまいます。脳の血流を取り戻す急性期治療には以下の方法があります。

1)rt-PA静注治療

2005年10月から我が国でも実施可能となった血栓溶解治療です。rt-PA(アルテプラーゼ)という薬を点滴で投与することにより血栓を溶かし、詰まっている血管を再開通させることができます。現在すでに我が国で5万人を超える方が本治療を受けていますが、使用成績調査ではrt-PAを使用した3人に1人の方が障害のない状態まで改善されています。当院でも本治療を行っており、全国でも有数の実績をあげています。

これまでrt-PA静注治療は発症してから3時間以内に開始しなければならないという制限がありましたが、2012年9月から4.5時間以内まで制限時間が延長され、より多くの方がこの治療を受けられるよう期待されています。

2)血管内治療

血管の中に通した細いカテーテルを用いて治療する「血管内治療」によって、詰まっている血管を再開通させる方法は我が国でもrt-PA導入前から行われていましたが、近年、新しい器具が続々と導入され、この分野は目覚ましい発展をみせています。

rt-PA静注治療が本邦でも承認され、その恩恵を受けられる患者さまは確実に増えましたが、それでも残念ながらrt-PA静注治療を受けても効果がなく重い後遺症が残る方、またrt-PAの使用には発症からの時間など様々な制限があるため、rt-PAを投与することすらできない方も多くいらっしゃいます。当院では、このようにrt-PAが効果を示さない時や、rt-PAを投与できない時には、さらに血管内治療も駆使して脳の血流を取り戻す治療を行っています。

「脳血管内治療センター」を開設し、365日24時間体制で脳卒中患者さま(くも膜下出血・脳梗塞・脳内出血など)を受け入れています。血管の中から詰まっている血管を再開通させるために使用する器具は以下のうち、血栓がある場所や大きさなどから最適と考えられるものを選択します。(複数を併用することもあります。)
血管内治療

ウロキナーゼ動注(局所線溶治療)

マイクロカテーテルという極細の管を血栓の近くまで誘導し、血栓を溶かす薬(ウロキナーゼ)を局所的に注入することによりつまっている血管を開通させる方法です。

バルーン拡張術

バルーン(小さな風船)を血栓のある場所で中から膨らませることにより血栓を破砕し、つまっている血管を開通させる方法です。

Penumbra(ペナンブラ)システム®

血栓の近くから吸引システムにより血栓を吸いとることにより、血栓を回収する方法です。

Penumbra(ペナンブラ)システム®

  • 左中大脳動脈閉塞による
    脳梗塞で来院

  • Penumbra(ペナンブラ)吸引システムで
    血栓を回収

  • 閉塞血管の完全再開通
Solitaire™ FR(ソリティア)

オープンメッシュシートをオーバーラップに丸めた形状のステント型血栓回収デバイスです。従来の器具と比べて血栓回収の効果は高く、再開通率は90%程度に向上し、安全性も高いことが報告されています。

関連リンク(外部):
http://www.businesswire.com/news/home/20150212005546/ja/#.VXe3iChdQ20


  • 中大脳動脈閉塞による
    脳梗塞で来院

  • ソリティアで回収された血栓

  • 閉塞血管の完全開通
Trevo® ProVue Retriever(トレボプロビューリトリーバー)

先端チップを持ちらせん状のチューブ構造のステント型血栓回収デバイスです。従来の器具と比べて血栓回収の効果は高く、再開通率は90%程度に向上し、安全性も高いことが報告されています。

これらrt-PA静注治療や血管内治療の発達により、以前では救えなかった重症の脳梗塞患者さんが歩いて家に帰ることも可能となっています。ただし、これらの治療は出血による合併症などのリスクも伴いますので、専門の医師により適応やタイミングを慎重に見極めることが重要です。

これらの血行再建治療が行われなかった場合でも、脳梗塞の病型に応じて適切な治療を行っていきます。早期からリハビリテーションを積極的に行い、後遺障害の低減に努めます。また脳梗塞の再発や、全身血管病の発症を予防するために、何が重要かを評価し治療していきます。当院での急性期治療が終われば、自宅に退院するか、回復期のリハビリ専門病院へ転院し治療を継続するかを、医療ソーシャルワーカーらとの相談を通じて決定します。

これらのシステムを使用する施設・術者は、認可制になっていますので実施できる施設は限られていますし、同一施設内でも行う医師は限定されます。

2014/7月~2015/10月までの脳血栓回収術の治療成績

閉塞血管

再開通率と治療成績

頭頚部主幹動脈(太い動脈)の再開通率は、灌流領域の50%を超える再開通率が86.9%、
完全再開通率は39.1%です。
退院時、ほぼ自立した生活が可能な方は、43.4%でした。
これは、大規模研究と比較しても遜色ない結果です。