• 病院案内
  • 診療のご案内
  • 脳・脊髄の治療と脳ドック
  • 地域医療連携室
  • 採用情報

部署案内 部署案内

生理検査室

当院の生理機能検査は臨床検査技師が担当し、患者様の生体情報を検査いたします。

理学療法部門

検査項目検査時間検査内容
超音波検査
(心臓・腹部・頚部血管など)
約30分 体外から人体に無害な超音波を使用し、体の中を見る検査で、エコー検査とも呼ばれています。
頚部血管では血管が細くなっていないか、流れが悪くなっていないかなどを調べます。
腹部では肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓などの内臓を調べ、心臓では動きや弁、大きさなどに異常がないかを調べます。
心電図検査 約5分 心臓の電気的な活動の様子を体表面から波形として記録し、心臓が正常に働いているか、不整脈や虚血性心疾患など、心臓に異常がないか調べる検査です。
負荷心電図 約15分 負荷心電図(マスター負荷心電図)は、階段昇降を繰り返すことで、心臓に負荷(負担)をあたえ、その後の心電図を記録し負荷前との変化がないかをみる検査です。狭心症などの診断に有用です。
ホルター心電図 約10分 24時間、小型の心電計を装着し、日常生活中の心電図を記録します。不整脈、狭心症、お薬の治療効果をみるのに有用で、症状と心電図の関連があるかなども分かります。
ABI+PWV 脈波伝播速度 約10分 動脈硬化を調べる検査で、血管の硬さや狭窄、閉塞が分かります。
呼吸機能検査 約10分 肺活量(どの位空気を吸い込み吐き出せるか)や、一秒率(1秒間にどれだけ空気を吐き出せるか)を測定することにより、肺や気管の機能を調べたり、手術が可能かどうかの判断の時などに検査します。
脳波検査 約20分 脳波検査は、脳から生ずる電位変動を頭皮上の電極から記録するものです。
てんかん、脳腫瘍、脳損傷、脳血管障害などの診断などに有用な検査です。
末梢神経伝導検査 約30分 運動障害(動き難さ、脱力、やせなど)、知覚障害(感覚の鈍さ、しびれ、痛みなど)の原因が、末梢神経の障害によるものかを調べる検査です。
体性感覚誘発電位 約30~60分 手や足の感覚神経に電気刺激をして、刺激伝導路(末梢神経、脊髄、脳幹、大脳皮質)の機能をみる検査です。
聴性誘発電位 約30~60分 聴性誘発電位とは、外部から音刺激をして聴覚神経の伝導路を調べる検査です。
重心動揺検査 約3分 体のふらつき度合いを調べる検査です。三角の台に乗っていただき、一分ずつ開眼と閉眼の記録をとります。