• 病院案内
  • 診療のご案内
  • 脳・脊髄の治療と脳ドック
  • 地域医療連携室
  • 採用情報

病院案内 病院案内

当院について

当院は、脳神経にまつわる様々な疾患の専門病院として、1985年に大阪北脳神経外科病院として開設し、1986年に創設者の唐澤淳前理事長の寄附行為により財団法人大阪脳神経外科病院として認可されました。2013年、公益財団法人唐澤記念会は、以下の4つの事業に取り組んでいます。

  • 脳神経疾患に専門特化した医療事業
    わが国の三大疾患の1つである脳血管疾患の患者等の救命・治療を行うとともに予防検診(脳ドック)への注力によって脳卒中の早期発見・発症予防にも貢献し、地域の医療・介護・福祉の連携に積極的に関与することで、地域住民の安心かつ安全な生活を守り健康と公衆衛生の向上に寄与します。
  • 研修事業
    研修医等を受け入れ、脳神経外科分野の医療従事者の育成を図ります。
  • 調査研究事業
    症例等を活用して脳神経疾患に関する調査研究・治験等を行い、医療の質の向上を図ります。
  • 専門的知見の活用事業
    医師派遣や講演等の実施を通じて当院の脳神経疾患に関する知見を社会に役立てます。

院長あいさつ

専門病院としての使命は、高度に専門化し、専門医を多く集め、研究活力を維持することである

大阪脳神経外科病院 院長 若山 暁

2015年人口動態調査結果では、脳血管疾患(脳卒中)による死亡数は前年より微減の114,207人(前年対比▲4,140人/2014年)でした。脳卒中は1970年から低下、1991年以降は横ばいで推移し1995年にわずかに上昇した後は、低下傾向となっています。しかし、脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、寝たきりになる原因の3割近くを占めており、2020年には300万人を超すと推定されています。
今後、日本の高齢化による問題は2025年以降も厳しさを増し、要支援・要介護者の出現頻度が高くなる75歳以上の高齢者の絶対数は、2053年に最高に達すると予想されています。

神経機能を障害から回復させるには、適切で確実な急性期治療が重要です。当院では2007年脳血管内治療センターを開設し脳卒中急性期診療の専門性を高めてきました。専門医療職(医師・看護師・薬剤師・理学療法士・言語聴覚士・放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技士・歯科衛生士・社会福祉士・事務職員)が密接な連携を保ちICT(感染管理)、NST(栄養管理)などの専門医療チームを活用することにより365日24時間の診療体制を維持しています。これらの活動により抗生剤の使用を半減でき、平均在院日数も18日から15日へと減少しています。2015年度は、リハビリテーション設備スタッフを拡充し、急性期診療から切れ目のないリハビリテーションが行えるようになりました。

脳梗塞の急性期治療は、過去10年間に大きな変化と進歩が見られました。2005年、発症から3.0時間以内に限って(現在4.5時間)rt-PA静注法による血栓溶解療法(点滴のみで治療できる)が開始され40%の社会復帰率になりました。そして、rt-PA静注法がほとんど無効な内頚動脈閉塞などの主幹動脈閉塞に対しても、新しく開発された血栓回収デバイス(PenumbraR/SolitaireR/TrevoRなど)を使い血栓除去を行う脳血管内治療が行えるようになり、より良好な治療結果が得られています。

大阪府の二次救急医療機関は、2004年287病院から2008年248病院へ減少しています。近年の救急医療を取り巻く環境は、ますます厳しくなっています。医師・看護師不足、救急部門の非採算性という診療報酬体系が大きな障壁となっています。2016年現在の当院の医師数は、大阪大学脳神経外科の協力で非常勤を含めて25人になりました。脳腫瘍治療においては、疾患の病態に応じて従来の顕微鏡的摘出術のみならず神経内視鏡およびナビゲーションシステムを応用した低侵襲で精度の高い手術を行っています。2013年から脊椎疾患の専門診療は、常勤2人体制となりました。

当院創設者である前理事長 唐澤 淳先生のスピリッツを継承し、専門医を多く集め研究活力を維持することならびに神経系疾患診療の最前線で地域医療に貢献していくことが当院の診療理念です。

病院理念

  1. 安心と信頼を提供でき社会的使命を果たす病院
  2. 医療水準の向上に寄与する病院
  3. 経営効率に基づく安定性かつ恒常性のある良質な病院

病院概要

開  設 1986年(昭和61年)4月
開設主体 公益財団法人唐澤記念会 大阪脳神経外科病院
理事長 唐澤 滿知子
病院長 若山 暁
病床数 122床
診療科目
  • 脳神経外科
  • 神経内科
  • 麻酔科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
施設基準など
  • 一般病棟入院基本料7:1
  • DPC対象病院
  • 脳卒中ケアユニット入院医療管理科
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • 診療録管理体制
  • 医師事務作業補助体制
  • 医療安全対策
  • 急性期看護補助体制
  • 夜間看護体制
  • 栄養サポートチーム
  • 入院時食事療養
  • 医療機器安全管理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション
  • 運動器リハビリテーション
  • 薬剤管理指導
  • 病棟薬剤業務実施
  • 麻酔管理料
  • 感染防止対策
  • 退院支援
  • 院内トリアージ
  • 夜間休日救急搬送医学管理
  • 検体検査管理
  • 重症者等療養環境
  • 神経学的検査
  • CT撮影(16列)及びMRI撮影(1.5T)
  • 大阪府二次救急認定病院
認定施設
  • 日本脳神経外科学会専門認定制度による指定訓練場所(A)
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 頸動脈ステント留置術実施施設
  • 日本脳ドック学会認定施設
設備
  • MRI
  • マルチスライスCT
  • 3D血管造影室
  • 脳波室(脳誘発電位・筋電図検査)
  • 超音波検査室・言語療法室
  • リハビリテーション室
  • 服薬指導
  • 薬剤情報室
  • 医療相談室
院内設置委員会
  • 医療安全管理委員会
  • 感染防止委員会
  • 栄養管理委員会
  • 診療録管理委員会
  • 個人情報保護管理委員会などを設置し、日々分析や研修を行い患者様にとってより安全な療養環境の整備に取り組んでいます。
姉妹病院 大連大学付属中山院(中国:旧満州鉄道病院)