• 病院案内
  • 診療のご案内
  • 脳・脊髄の治療と脳ドック
  • 地域医療連携室
  • 採用情報

病院案内 病院案内

病院年報

2015年 大阪脳神経外科病院 病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 14 25 43 85 155 317 490 372 94
平成27年度に当院を退院した患者さんの年齢階級別退院患者数を集計しました。
退院患者さん年齢構成を調べると、その病院の特徴をある程度調べることができます。
例えば、若い患者さんのが多い病院では、入院期間が短かったりと病気が重症化しづらいといった傾向があります。
また、他の臨床指標を見る上での一つの参考にもなります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
■脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 166 18.0 17.0 4.8 70.3
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 152 14.3 14.0 5.3 74.7
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 148 4.7 5.0 6.8 59.1
平成27年度に当院を退院した患者さんの診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)を集計しました。
『DPC』とは、医療費の計算において、病名や診療内容を診断群に分類し、分類ごとに1日あたりの入院費用を定めた計算方式です。
退院患者さんの診断群分類の状況を見ると、その病院で行われている診療特徴を調べることができます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
平成27年度においてお示しする指標はありません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1
重症度 2
重症度 3
重症度 4
重症度 5
不明
平成27年度においてお示しする指標はありません。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 26 3.5 72.4 11.5
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 0
I63$ 脳梗塞 477 21.2 73.7 8.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 42 6.6 72.2 0.0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 5 5.8 75.0 20.0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 0
平成27年度に当院を退院した脳梗塞のICD-10別患者数を集計しました。
ICDとは、死因や疾病の国際的な統計基準として世界保健機関(WHO)によって公表された分類です。
当院における脳梗塞症例を分類別にみると上記のようになります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 117 0.5 10.5 6.0 77.5
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 52 0.2 46.7 15.4 69.3
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング術(1箇所) 35 0.6 31.2 0.0 64.6
平成27年度に当院を退院した患者さんの診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)を集計しました。
術前術後の患者さんの全身状態や、麻酔(局所麻酔・全身麻酔)、開頭手術・血管内手術等手術手技によって日数差が出ていることがわかります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0
異なる 0
180010 敗血症 同一 0
異なる 0
180035 その他の真菌感染症 同一 0
異なる 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.01
異なる 0
平成27年度に当院を退院した患者さんのその他(DIC,敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)を集計しました。
術後経過を見ていく中で、予期せぬ合併症を発症し加療された患者数・発生率となります。

更新履歴

2016/08/30
2016/08/30 データを作成しました。
2016/09/26
2016/09/26 データを修正しました。